日本・外国人集団連続強盗殺人事件

1993年10月08日金曜日警察庁広域重要指定121号事件(けいしちょうこういきじゅうようしてい121ごうじけん)とは、1993年に金融業者ら3人が殺害された強盗殺人事件である。 別名を犯行グループの構成から日本・外国人集団連続強盗殺人事件ともいう。 犯行グループは日本人とマレーシア人らによって構成されていた。

続きを読む