華城連続殺人事件

1986年09月15日月曜日〜華城連続殺人事件(ファソンれんぞくさつじんじけん)は、1986年から1991年にかけて大韓民国の京畿道華城郡(ファソン)(現在の華城市)周辺という農村地帯で10代から70代までの10名の女性が強姦殺害された未解決事件で、連続強姦殺人事件。 2003年公開の韓国映画、『殺人の追憶』はこの事件をモチーフにしている。 2006年4月2日に、最後の事件の公訴時効が成立[…

続きを読む