千葉・福島・岩手誘拐殺人事件

1986年07月〜警察庁広域重要指定118号事件(けいさつちょうこういきじゅうようしてい118ごうじけん)とは、1991年に発覚した誘拐と監禁および強盗殺人事件で2人が殺害された。 別名を千葉・福島・岩手誘拐殺人事件ともいう。8人が逮捕され、3人が死刑判決を受けたが死刑が執行されないまま3人全員が病死した異例の結末となった。

続きを読む