国勢調査員殺害事件

1990年10月08日月曜日国勢調査員殺害事件(こくせいちょうさいんさつがいじけん)とは、1990年(平成2年)実施の第15回国勢調査において、非常勤の国家公務員として働いていた主婦が訪問先で殺害された事件である。 総務庁国勢統計課(当時)によると、1920年(大正9年)に国勢調査が始まって以来、国勢調査員が調査訪問先で殺害された事件は初めてのことであった。これに対して、国勢調査員に対する所管…

続きを読む

千葉市中央区中央港女性バラバラ死体遺棄事件

2008年07月11日金曜日 平成20年7月11日、千葉港で釣りをしていた男性が、岸壁の間に浮かぶマネキンのようなものを見つけ110番した。 男性から通報を受けた千葉県警の捜査員が引き上げると、頭部や四肢を切断された女性の胴体だった。 胴体に着衣はなく、胴回りにはロープが結びつけられ、その先には重しが付けられていた。

続きを読む

桜川市岩瀬地内身元不明女性被害死体遺棄事件

桜川市岩瀬地内における身元不明女性被害死体遺棄・損壊事件 2006年09月24日水曜日 平成18年9月24日(日曜日)午前6時ころ、茨城県桜川市岩瀬地内の桜川市岩瀬体育館北東方約200m先山道上で、身元不明の焼死体が発見されました。

続きを読む