日光中宮祠事件 1946年05月04日土曜日

日光中宮祠事件(にっこうちゅうぐうしじけん)とは1946年(昭和21年)に発生した強盗放火事件である。当初警察は一家心中として処理したが、9年後の1955年に真相が明らかになった。 なお事件名はこの事件を元に松本清張が執筆した小説及びテレビドラマの題名であり、現在ではこちらの事件名で呼ばれることが多い。

続きを読む