グリコ・森永事件 1984年-1985年

グリコ・森永事件(グリコ・もりながじけん)とは、1984年(昭和59年)と1985年(昭和60年)に、日本の阪神間(大阪府・兵庫県)を舞台に食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件。 警察庁広域重要指定114号事件。 犯人が「かい人21面相」と名乗ったことから、かい人21面相事件などとも呼ばれる。 2000年(平成12年)2月13日に愛知青酸入り菓子ばら撒き事件の殺人未遂罪が時効を迎え、すべ…

続きを読む