札幌・厚別 女性行方不明事件 2014年05月04日日曜日

札幌市厚別区の伊藤華奈さん25歳が2014年5月4日午前0時40分頃、自宅で婚約者と家事のことで口論となり1人で外出した。
彼女の行方について様々な憶測がとんだが5月28日近所の空き地を散歩中の女性の飼い犬が下着姿の女性の遺体を発見。
伊藤華奈さんであることが判明した。
概要

札幌市厚別区の伊藤華奈さん25歳が2014年5月4日午前0時40分頃、自宅で婚約者と家事のことで口論となり1人で外出した。

外出後、0時56分まではLINEで友人と雑談をしていた。

午前1時頃、怯えた声で婚約者に「警察をよんで!」と電話があった。
この発言から数十秒間無言のまま電話はつながってその後切れた。
そのまま女性は行方不明となり、全国ニュースで放送され関心を呼んだ。

「警察呼んで!」「どこにだよwww」「自分で110番しろよwww」でプチブレイクした。

彼女の行方について様々な憶測がとんだが5月28日近所の空き地を散歩中の女性の飼い犬が下着姿の女性の遺体を発見。
伊藤華奈さんであることが判明した。

現在までに分かっている情報
22 日の捜索時には発見されていなかった
下着だけの状態で、体のほとんどの部分が埋められていた
遺体には大量の枯れ葉がかけられ隠蔽した様な形跡
片方の靴下を履いていたが靴は履いていなかった
遺体発見現場から伊藤さんの自宅まで数百メートルしか離れていない
遺体には目立った外傷はない
北海道警は殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置・170 人体制で捜査
遺体には指輪やブレスレットが身に付けられていたがスマホは発見できず
遺体は長期間、発見場所に遺棄されていた可能性
金銭目的の犯行ではない可能性が高い
司法解剖を行ったが死因は特定できず
傷が残りにくい方法で殺害された可能性
行方不明後、すぐに殺害された⇒突発的な犯行?
不審者や不審車両の目撃情報
遺体には身を守ろうとした時に出来る傷がない⇒短時間で殺害された?
マンションと遺体が発見された緑地の間にあるサイクリングロードに上る階段で捜索をしていた警察犬の動きが止まった
その地点は伊藤さんの携帯のGPSが途絶えた場所と一致しているという
足取りが途絶えた為、警察では車で伊藤さんが連れ去られた可能性があると判断
行きずりの人物による短絡的な犯行の可能性

時系列
5/4 休勤日
00:26
LINE 明日、何時かしら?(※翌日友人の引越を手伝う予定)

00:26
LINE あーもぅあかん

00:40頃 
家事分担が原因でケンカ 頭を冷やすといって散歩に出る
危ないからと止め、じゃぁ俺も一緒に出るとなったら、
じゃぁ私は行かないってなったので、車にいることを勧めた
「婚約者の男性は、外を出た伊藤さんがコンビニエンスストアの前を通り過ぎるのを見ていたということです。その後、伊藤さんの姿はわからなくなっています」

00:47~ 
LINEでグループ会話再開「頭ん中ぐちゃぐちゃすぎで、家でてきてしもた」

00:40~0:50頃
閉店後のコンビニの防犯カメラに彼女らしき人物の姿

00:56
最後のLINE送信

00:56
最後に受信したLINE未読

・この20分の間に女の携帯に通信履歴があるが相手は明かされていない

01:00
婚約者に電話1~3分位
強い口調、脅えた様子で「警察を呼んで」「助けて」
「何処?」聞いたら何か答えていたようだがよく聞こえなかった
4階から下へエレベーターで降りる途中で電波が途絶える
折り返し電話をしたが不通だった

01:03頃
婚約者が警察に通報

01:00過ぎ
婚約者の電話後、閉店後のコンビニ防犯カメラに彼女らしき人物の姿
・コンビニ駐車場には防犯カメラがありこの時間帯に車の出入りがあった

札幌事件の参考人が首吊り死亡
北海道札幌市厚別区の養護施設職員・伊藤華奈さん(25)が殺害・遺棄された殺人死体遺棄事件で、参考人とされていた男性が自殺した状態で見つかりました。

死亡した参考人は、札幌市清田区に住む錦野昌行 氏(33)とみられています。
錦野昌行氏は10月6日、北海道仁木町にある橋の下で、首をつって自殺していました。

警察によると、錦野昌行氏の自宅は伊藤華奈さんの遺体が見つかった緑地から、約3kmほどの地点。伊藤華奈さんとの間に面識はなかったとみられているようです。

錦野昌行氏は今年の夏ころから参考人としてマークされていたということで、9月の下旬には家宅捜索・任意同行をするため自宅に警察が向かっていたといいます。

しかし錦野昌行氏は外出中で、車に乗って戻ってきたところに警察車両が多数止まっていたため、そのまま逃走したとのこと。

10月9日現在、錦野昌行氏がどういう人物なのか、事件の犯人なのか、なぜ自殺したのかなど、詳細は明らかになっていません。

錦野昌行が参考人とされた経緯
錦野昌行氏は今年5月中旬、埼玉県さいたま市緑区の住宅に窃盗目的で侵入した住居侵入容疑や、危険ドラッグを所持していた薬事法違反の容疑などで、逮捕されていました。

その際、錦野昌行氏は埼玉県警にDNAを採取されています。この時に採取されたDNAと、伊藤華奈さんの事件現場に残されたDNAが一致する可能性があることから、北海道警は「錦野昌行氏が伊藤華奈さん殺害事件について何らかの事情を知っている」と判断したとのこと。

なお、錦野昌行氏は伊藤華奈さんが行方不明になった5月4日の直後の大型連休(ゴールデンウィーク)明けから、勤めていた会社に長期休暇を申請しています。

錦野昌行が自殺するまでの流れ
2014/5/4
伊藤華奈さんが行方不明になる

GW明け
錦野昌行氏が勤務先に「旅に出たい」として長期休暇を取る

2014/5/13
埼玉県さいたま市緑区の住宅に窃盗目的で侵入したとして、錦野昌行氏が住居侵入の容疑で現行犯逮捕される

2014/5/27
錦野昌行氏の住居侵入容疑については処分保留となり、指定薬物「MN-18」を含む危険ドラッグを所持していたとして、薬事法違反の容疑で再逮捕される

時期不明
錦野昌行氏が釈放され、北海道に戻る

2014/5/28
伊藤華奈さんの死体が見つかる

2014/5/29
殺人事件と判断した北海道警が捜査本部を設置

2014/夏ころ
捜査線上に錦野昌行氏が浮上

2014/9/23
午前、錦野昌行氏の家を家宅捜索するため大量の警察が現場に駆けつけていたところ、車に乗って自宅に帰ってきた錦野昌行氏が捜査車両を見て、そのまま自宅に止まることなく車に乗ったまま逃走、行方不明になる
午後、北海道小樽市のフェリー乗り場の近くに、錦野昌行氏の車が乗り捨てられているのが見つかる

2014/10/6
AM10:30頃、自宅から約60km離れた仁木町で、橋の欄干に首をつった状態で死亡している錦野昌行氏が見つかる

2014/10/9
未だ事件の真相は不明







この記事へのコメント