横浜市鶴見区公園内男性射殺事件 2012年11月19日月曜日

2012年11月19日午前2時15分ごろ、横浜市鶴見区向井町2丁目の潮田公園で、職業不詳・杉本隆さん(72歳)がベンチで頭から血を流して倒れているのを通行人が見つけ、交番に届けた。
杉本さんは現場で死亡が確認された。
概要

2012年11月19日午前2時15分ごろ、横浜市鶴見区向井町2丁目の潮田公園で鶴見区潮田町の職業不詳、杉本隆さん(当時72歳)がベンチで頭から血を流してあおむけの状態で倒れているのを通りかかった50代の男性が見つけ、交番に届けた。
額に拳銃で撃たれたような痕があり、神奈川県警は殺人事件として、鶴見署に捜査本部を設置した。

遺体をレントゲン撮影したところ、杉本さんの頭部には銃弾が1発入っていた。
拳銃のようなもので正面から撃たれたとみられる。
銃創は直径約8ミリの円形。
推定死亡時刻は19日午前0時ごろで、死因は銃で撃たれたことによる脳損傷だった。
杉本さんは発見された際、迷彩色のコートにジーパン姿で靴を履き、鍵を持っていた。
財布はなく、約1700円分の硬貨がポケットに入っていた。
争った形跡はなかったが、発見現場から南東約150メートルにあるコンビニエンスストアまでの路上数十カ所に血痕が点在しているのが見つかった。

公園は杉本さんの自宅から約200メートル。
杉本さんは公園内の野球場のバックネット近くにあるベンチであおむけに倒れていた。
また杉本さんが殺害されたとみられる時間帯には、公園周辺の住民が発砲音を聞いていたことも分かった。
現場はJR鶴見駅から南東へ約1キロの住宅や商店が混在する地域。

杉本さんは鶴見区育ち。
俳優の菅原文太を思い出させるような親分肌で「鶴見の文太兄ぃ」などと慕われる存在だったという。
以前は建設業を営んでいたが、最近は体調を崩し、仕事はしていなかった。

その後の調べで、遺体発見約3時間前の18日午後11時過ぎまで、杉本さんは近所の知人男性(56)、知人女性(57)と同公園内にいたことが分かった。

18日午後8時半頃、杉本さんはこの知人らに「1人でいてもつまんないから」と声を掛け、3人で京急鶴見駅前の飲食店へ行った。
日本酒を熱かんで1合飲み、ラーメンを食べた。
食事の後、2人は足の悪い杉本さんを支えながら送り、公園のベンチに3人で座って休んだ。
「先に帰って」と言う杉本さんを残して2人が去ったのは午後11時15分頃だったという。
杉本さんは、酩酊した状態で正面から頭部を撃たれたとみている。


この記事へのコメント