福岡内妻一家4人殺害事件 1976年06月13日日曜日

福岡内妻一家4人殺害事件(ふくおかないさいいっか4にんさつがいじけん)とは福岡県飯塚市で発生した殺人事件である。

事件の概要
1976年(昭和51年)6月13日の未明から翌日の早朝にかけて、飯塚市の民家にA(当時34歳)が侵入、民家に住む夫(当時46歳)と妻(当時44歳)が一階の寝室で出刃包丁で刺殺され、二階で就寝していた長女(当時20歳)と夫の母(当時73歳)も刺殺された。
二階で就寝していて難を逃れた妻の妹B(当時40歳)は派出所に駆け込んで助けを求めた。
Bによると一家殺害犯人Aとは1973年に知り合い、当時は内縁関係にあり一時は正式に結婚する話も出ていた。
しかしAが経歴を偽っていたことや、ギャンブルで多額の負債を負っていたことから、Bの姉夫婦に別れるよういわれるようになっていた。
それを逆恨みにしたAがBの姉一家皆殺しを図ったというものであった。
Aはスピード逮捕された。

その後
Aは起訴され一審の福岡地裁飯塚支部は1985年5月31日に死刑を言い渡した。
しかしAは一審途中から4人のうち姉を除く3人は内妻Bによる犯行と主張した。
このAの「一部冤罪説」に対し推理作家の島田荘司が支援しており、Aの事を書いたノンフィクションを出版したことがある。
しかし裁判所はこの「共犯説」を否定、A単独犯と認定し、1997年9月11日に最高裁第1小法廷は上告を棄却、死刑が確定した。
2019年現在、Aは福岡拘置所に収監されているが、現在もAは「殺害したのは一人で、三人を殺害したのはBだ」と主張し再審請求している。 

この記事へのコメント