混血少年連続殺人事件

1966年12月13日火曜日〜混血少年連続殺人事件(こんけつしょうねんれんぞくさつじんじけん)とは、1966年(昭和41年)から1967年(昭和42年)にかけて、当時16歳のハーフの少年が、愛知県、千葉県、山梨県の女性3人を暴行して殺害後、金銭を奪った事件。 警察庁広域重要指定事件106号に指定。

続きを読む

鹿児島夫婦殺し事件

1969年01月15日水曜日鹿児島夫婦殺し事件(かごしまふうふごろしじけん)とは、1969年1月15日に鹿児島県鹿屋市下高隈町で発生した殺人事件とそれによって生じた冤罪事件。 本事件は、冤罪の被害を受けた男性が国家賠償訴訟をおこしたことに特徴がある。 事件が起こった地名から高隈事件(たかくまじけん)あるいは鹿屋夫婦殺し事件(かのやふうふごろしじけん)とも呼ばれる。

続きを読む

因島毒饅頭事件

1961年01月08日日曜日因島毒饅頭事件(いんのしまどくまんじゅうじけん)とは、1961年(昭和36年)1月8日に広島県因島市(現在の尾道市因島)で女児が毒饅頭(どら焼き)を食べて死亡した事件。 人のうわさから猟奇的殺人事件とされ、無実の男性が巻き込まれ冤罪事件となった。

続きを読む

ゾディアック事件

1968年12月20日金曜日ゾディアック事件(ゾディアックじけん、英: Zodiac Killer)は、アメリカ合衆国で発生した連続殺人事件。現在も継続捜査中の未解決事件である。 「ゾディアック」とは英語で黄道帯を意味する語だが、犯人が声明文の中で「私はゾディアックだ(This is the Zodiac speaking.)」の一節を頻繁に用いたことでその名称として知られるようになった。

続きを読む