後藤巡査殺害事件

1962年02月11日日曜日後藤巡査殺害事件(ごとうじゅんささつがいじけん)は、1962年に別府警察署山の手派出所の巡査が勤務中に制服姿のまま行方不明になり、後に遺体で発見された殺人事件である。 1977年2月10日に公訴時効を迎えて、未解決事件となった。

続きを読む