切り裂きジャックについて

1888年にイギリスで発生した連続殺人事件の犯人の名前 概説 切り裂きジャックは、1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間にロンドンのイーストエンド・オブ・ロンドン、ホワイトチャペルで少なくとも売春婦5人をバラバラに切り裂き、殺人を実行したが逮捕には至らなかった。 署名入りの犯行予告を新聞社に送りつけるなど、劇場型犯罪の元祖とされる。 当時の定義づけによる精神病患者から…

続きを読む

ホワイトチャペル殺人事件 1888年4月3日火曜日〜

ホワイトチャペル殺人事件(英: Whitechapel murders、ホワイトチャペル・マーダーズ)とは、1888年4月3日から1891年2月13日にかけてロンドンのイーストエンドにあるホワイトチャペル地区や、その近隣で発生した11件の殺人事件のことである。 見解によって異なるが、この11件の未解決事件の一部、またはすべてが有名な連続殺人者である切り裂きジャックの犯行と考えられている。

続きを読む

臀肉事件 1902年03月27木曜日

臀肉事件(でんにくじけん)、あるいは野口男三郎事件(のぐちおさぶろうじけん)とは、1902年(明治35年)3月27日、東京府東京市麹町区下二番町(現在の東京都千代田区二番町)で発生した未解決殺人事件である。臀肉事件は、少年が何者かに殺され尻の肉を切り取られた事件で、野口男三郎はこの少年殺害と他2件(義兄の野口寧斎殺害、薬局主人殺害)の容疑者だった。裁判の結果、少年と義兄殺しについては証拠不十分で…

続きを読む